FC2ブログ

うちの玄米ごはん |高山 なおみ

うちの玄米ごはんうちの玄米ごはん
高山 なおみ
日本放送出版協会 刊
発売日 2004-09
価格:¥1,680(税込)
オススメ度:★★★★★




普段どおりの 2009-08-17
うちの冷蔵庫にいつもある、いつもの食材と調味料。
塩豚もそぼろも塩もみした人参・大根・・・。
図書館で見た時、あまりにそっくりで笑ってしまいました。

変わったものはないけれど、あれば問題の無い、
一番使いやすいスタンダードです。

小さい頃からずっとこういう食事だったので、本当に懐かしい。
そんな中でナンプラーを使ったエスニックなメニューは、
いつもの食材でメニューの幅を広げてくれます。

マクロビでもなく基本の和食でもない、普段の体に優しい家庭料理です。

初めてレシピ本通りに作りたくなった。 2009-07-12
玄米を食べるようになり、何かレシピ本を思って買った本です。
材料が手に入りやすいものばかり、初めてレシピに沿って作ろうと
思わせてくれた本です。この本を買って以来、高山さんの大ファンになりました。
気負いが無い玄米食、白米で食べても十分美味しいと思うお料理の数々。
買ったは良いけどナンプラーをどうやって使ったらいいかわからなかった
私にはとても心強い本です。
こんにゃくのオイスター炒めとナンプラー味の豚そぼろを
繰り返し作ってお弁当に入れています。

簡単で美味しいって、スゴイ! 2007-05-27
何にびっくりしたって、そのレシピの簡潔さ、簡単さ。
「あれも、これも。それも」入れて、手順が「ああして、こうして」なんていうのは一切なし!
「え~。こんなんでいいの?」
って、思いながら、だまされたつもりでまず1品つくってみると、その美味しさに大満足。
もっともっと、色々つくってみたくなります。

簡単で、なおかつ[美味しい]。
これって簡単なようで、実はハイレベルですよね。
あれこれ入れるよりも、引き算して美味しくするのって、センスがないと難しい気がします。
しかも、どれも体に優しいから、嬉しい。飽きずに何度も作りたくなるレシピが多いと思います。

うちの息子(1歳半)は「玄米のきんぴらチャーハン」や「エスニック牛乳粥」がお気に入りのようで、沢山食べてくれます。

易しく、優しい。 2007-05-15
体調の悪い時、忙しい時、気分的に余裕がない時
文章がたくさんあるレシピは読む気も作る気も奪い去ります。

この本は簡潔な文章で簡潔な手順が示されて
ちゃちゃ~っと作れてしまう。
紹介されているレシピは カラダに良くて優しいものばかり。
食べるとカラダがほっとして
疲れたカラダもちょっぴり回復。。。♪

そんなわけで疲れた時にも頼れる料理本☆
高山なおみさん本の中で 私のイチバンお気に入りです。

おおらかな玄米食 2007-04-10
玄米関係のものとかマクロビオティック関係のものって
どこかかたくなだったり、厳しすぎたり、
本を見ただけでめげちゃうものが多いんですが、
この本は高山さんらしく、
とてもおおらかで、気取ってなくて、
堅苦しくなくて、気持ちが温かくなる本です。

お肉もお魚も載っていますが、
お野菜のおいしそうなお料理がとても多いです。
「ダメだ、出来ない」と泣きたくなるような玄米関係の本が
多い中、これは包容力がある、とても温かい本だと思います。
玄米関係で何かお買い求めになるんでしたら、これがオススメです。
ただし、おおらかな本ですので、厳密なこととか、
材料、調味料などをキッチリしたい方には薦められないかも
知れません。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2009/9/5に作成しました。
いつもご愛読ありがとうございます

お米関連本の探索

探索条件からキーワード指定で
お好きに探せます。
リンク
フリーエリア

簡単相互リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: