FC2ブログ

まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本 |なかしま しほ

まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本
なかしま しほ
主婦と生活社 刊
発売日 2008-10
価格:¥1,260(税込)
オススメ度:★★★★




ありかな 2009-08-13
シフォンケーキといえば、ふわふわ。どちらかといえばさっくり。それが私の「洋菓子としてのシフォンケーキ」の好み。このレシピは、飽きないごはん系?  みたいなもっちりタイプ。「特別な洋菓子」じゃない毎日食べる食事パンに通じるような優しい味。これはこれで別のおいしさ。卵黄が余らないところやベーキングパウダーが要らないところがお気に入りですが、豆乳ではなく牛乳で、なたね油でなく違う油で作っています。




大活躍です 2009-05-06
元々食材には気を使っている方なのですが、このレシピは菜種油やてんさい糖、豆乳を使用されているのが気になり、購入しました。卵が余らず作れるのも気に入っています。作り方は思った以上に簡単で、自分なりの応用もでき大変役立っています。もっちりシフォンが家族中に好評です。

一番美味しい 2009-04-01
今まで作ったシフォンのレシピ本(10冊以上)の中で一番しっとりして美味しいと思いました!ちなみにスーパーバイオレットを使いました。オススメです!ただ17センチの型には生地の量が多そうだったので20センチ型で作りました。

お菓子作りが180度変わりました 2009-03-23
以前の「もっちりシフォン…」の本もこの「まいにち食べたい…」の本も大変勉強になりました。シフォンケーキはもちろん失敗なくおいしくできるし、素材の良さを活かしたアレンジも豊富。最近わたしが感動したのはチョコチョコロールとカステラ!!豆乳クリームで巻いたロールケーキはしっとり、おいしく日持ちもします。カステラはかの有名な○砂屋にも負けません。先ほど作ったチョコカステラもリッチで優しいおいしさにビックリ。素朴な味に90歳過ぎた祖母や幼児も食べ始めるととまらないみたい。身体に良い素材で安心して食べさせられます。材料も特別なものはなく、手順も易しい。気軽に毎日お菓子作りを楽しめます。てんさい糖が菜種油と出会えたのもなかしま先生のおかです。菜種油はもちろん平出油屋の物を使用しています。バターや生クリームを使わずにこんな美味しいお菓子ができるなんて!お菓子を外で買うことがほとんどなくなりました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2009/9/5に作成しました。
[PR]楽天
いつもご愛読ありがとうございます

お米関連本の探索

探索条件からキーワード指定で
お好きに探せます。
リンク
フリーエリア

簡単相互リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: