FC2ブログ

鳩山家の愛情ごはん―毎日のお惣菜からおもてなしメニューまで、鳩山家の愛情レシピ122 |鳩山 幸

鳩山家の愛情ごはん―毎日のお惣菜からおもてなしメニューまで、鳩山家の愛情レシピ122
鳩山 幸
扶桑社 刊
発売日 1998-11
価格:¥1,600(税込)
オススメ度:★★★★




幸さんに魅了されました 2004-07-07
政治家の奥様の料理本? セレブなお方のイヤミな本かしらと揶揄しましたが、肩の力の抜けた料理の数々と家事のコツ、小粋なテーブルセッティング(スタイリストの存在はあると思うけど)は大いに参考になりました。幸さんの魅力に虜になりました。
「スマートウーマンによる家庭料理の数々」といったところでしょうか。私流ストックとして、ブラウンオニオン・油揚げと常備菜・スライスポテトetc.が紹介され、それらを使っての展開料理が参考になります。ほうれんそうやもやしのナムルの常備も我が家でも早速取れ入れました。使用済の釜飯の釜の生かし方(湯豆腐に使用)や、すし飯をおちょこで型抜きなどの技もコケティッシュで素敵です。
また冷蔵・冷凍のストック方法も紹介されていますが、タラコ・明太子のラップとアルミ箔の二重包みなどは感心しました。
御夫婦の好きなメニューが「豆腐ステーキの野菜あんかけ」というのも気取らなくてよいですね。高級素材を使っての料理ではなく、庶民的な材料を使っての料理が多く、おまけにお洒落というのが好感が持てます。
唯一気になるのは表紙にあるコピー「5代東大卒を輩出する鳩山家の食卓」という部分だけです。妙にひっかかるなぁ。

家庭の主婦の料理なんてすごい! 2003-05-26
プロの料理人でも料理研究家でもなかったのにこの料理の数々はすごい!のひとことでした。家族が食べたい、というものがすぐに出せる数々のストック、材料の保存方法などとても参考になります。きなこを使ったタコスの皮や海鮮ユッケジャンうどん、塊ハムのパイナップル焼きなど料理が多国籍にわたっているのもこの本の魅力。お取寄せ素材を上手に活かした主婦の技も必見。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2009/9/5に作成しました。
[PR]楽天
いつもご愛読ありがとうございます

お米関連本の探索

探索条件からキーワード指定で
お好きに探せます。
リンク
フリーエリア

簡単相互リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: