FC2ブログ

自然がくれた愛情ごはん―かるべけいこの野菜料理 |かるべ けいこ /野中 元

自然がくれた愛情ごはん―かるべけいこの野菜料理自然がくれた愛情ごはん―かるべけいこの野菜料理
かるべ けいこ /野中 元
アノニマスタジオ 刊
発売日 2008-07
価格:¥1,680(税込)
オススメ度:★★★★




たくさんの方に読んで欲しい本です。 2009-02-10
偶然立ち寄った雑貨店でなにげに開いて数ページ読んだ瞬間「欲しい!」っと心から思いました。現在マクロビを実践しているので参考になる本を探していたのもあったのですが、何よりも写真がとても美しく、実際に作ってみたい!と思わせるレシピばかり。
かるべさんは厳密なマクロビは苦手と本にも書いてある通り、実際にマクロビ向けの料理本ではありませんが、あくまで「野菜が主役」なレシピばかりですので、調味料などは自分でどんな風にもアレンジできそうなものですので、かなり参考になります。
最初は、材料・調味料の配分の掲載がないので、大丈夫かな?と思ったのですが、なんとかなるものです。自分が「美味しい」と思う味付けでどうぞ、というかるべさんらしい心使いだと思いました。


かるべファミリーの暖かさの詰まった本 2008-10-15
なんという本に巡りあえたのでしょう!

野菜料理の本を探していたところ、この本に出会いました。

レシピは昔ながらの家庭の味を思い起こされるものが80点近く載せられています。材料の細かい分量表示は一切なし。ですが、素材の味をとても大切にされているため、用いられる材料も実にシンプルで、かつ、ご主人撮影による写真から容易に味が想像できるため、かえって細かい数量にとらわれることなく楽しんでおいしい料理ができます。

時おりのぞくコラムもなかなか興味深く読ませていただきました。
料理、写真の数々はもとより、その撮影に使われた食器等の素朴で暖かいこと、自然の美しさ...特に台所の写真には憧れてしまいました。

見るたびにわくわくする本です。


自然、季節とともに 2008-08-10
熊本の古民家に暮らし料理を教えている、かるべけいこさんのレシピ本。
大自然のなかで、野菜を育てているかるべさんの料理は、旬の野菜を使った季節感のあるものばかり。
どうしたら野菜がおいしくなるのか?まるで野菜の声を聞くような優しい料理の数々です。こだわりを持って集めた食器と、旦那さま(カメラマン)の撮った写真は、どれも美しいです。
飾り気のない、昔ながらの料理だけれど、日本人としてのDNAをくすぐられるような料理の数々。
詳しい分量はないので、料理初心者の人は戸惑うかもしれないけれど、本の通り作るのではなく、そのときの材料で分量を加減するのは当たり前のことかもしれない。
季節を感じ、自然の恵みを自然な気持ちで頂く。
当たり前だけれど、今の日本人が忘れかけたものを教えてくれる料理本だと思います。
ただ新鮮な山菜など、東京のスーパーでは手に入りにくいかも?と思うものもあるので☆をひとつ減らしましたが、この料理たちとかるべさんの生活というのは、まさに私の憧れです。

宝物がひとつ増えました。 2008-08-08
シンプルだけど、工夫されていて“これは我が家の定番メニューになるぞ!”と思うメニューの嵐です。
早速いくつか作ってみましたが、家族にも友達にも大好評でした。

かるべさんの野菜や“命あるもの”に対する愛を感じます。


写真の一枚一枚も額に入れて飾りたいぐらいの美しさ。

そしてところどころに入っているかるべさんのコラムにも、感心したり感動したり…



大好きな宝物になる本がまた増えました!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2009/9/5に作成しました。
いつもご愛読ありがとうございます

お米関連本の探索

探索条件からキーワード指定で
お好きに探せます。
リンク
フリーエリア

簡単相互リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: