FC2ブログ

料理歳時記 (中公文庫BIBLIO) |辰巳 浜子

料理歳時記 (中公文庫BIBLIO)料理歳時記 (中公文庫BIBLIO)
辰巳 浜子
中央公論新社 刊
発売日 2002-09
価格:¥760(税込)
オススメ度:★★★★★




母と娘 2005-08-14
残念ながら辰巳浜子さん生前の姿をワタシは知らない。知らないまま、娘である芳子さんの数々の著作にある母の思い出から想像するばかりでした。多分相当厳格なお母様だったのだろうと…。ところがこの本を読んで驚きました。解説に亡き荻昌弘氏が書かれている通り、竹を割ったような、気合の入った、それでいて相当茶目っ気のあるような、闊達な方だったようですね。意外。もう惚れましたわ。浜子さんに。でも、きっとそうした天才肌の母をもって芳子さん(とお呼びするのも恐れ多い気がする)は大変な努力をされたのだと思います。「味覚日乗」と併読をお勧めします。

親子二代から学ぶ家庭料理 2004-04-05
私が辰巳 芳子さんを知ったのは、雑誌「料理王国」でした。家庭料理とは?そして、食事とは?を問う彼女の文章、そして、料理のレシピに驚きました。次に「手しおにかけた私の料理」を書店にて目にし、購入。芳子さんが「はじめに」としてお書きになられた本の経緯読み、改めて、辰巳母娘の家庭料理への取り組みに驚かされたのでした。
 今回、母浜子さんの本が文庫として再刊されました。季節、そして、素材を題材とした文章は、綺麗で、四季の国日本を再認識させられるものです。食材への苦言も、母浜子さんから始まっていたのですね。母娘二代が取り組んだ家庭料理の深さにただただ感心するばかりです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2009/9/5に作成しました。
いつもご愛読ありがとうございます

お米関連本の探索

探索条件からキーワード指定で
お好きに探せます。
リンク
フリーエリア

簡単相互リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: