FC2ブログ

粗食のすすめ お弁当レシピ |幕内 秀夫 /検見崎 聡美

粗食のすすめ お弁当レシピ粗食のすすめ お弁当レシピ
幕内 秀夫 /検見崎 聡美
東洋経済新報社 刊
発売日 2000-12
価格:¥1,260(税込)
オススメ度:★★★★




さめてもおいしい 2009-05-11
お弁当を作るようになって、自分の料理の腕の問題か、お肉のおかずを一生懸命作っても、どれもこれも「さめるとまずい」のです。なのに、適当に彩りに入れた野菜や、残り物の焼き魚などは、さめてても、とてもおいしいのです。
そこで、お弁当には野菜と魚なのでは・・・、と、おいしいおかずを作りたくてこの本を購入しました。
やっぱり、日本人が昔から食べていたごはんにおかずが、一番お弁当によくて、さめてもおいしく食べられて、午後にもたれない、体にいいんだな、と思い、少しづつ作っています。
ラップにつつんで持っていく汁ものアイデア、冷凍ものの活用などとても参考になり、次はどれを作ろうかな~、と思って何度も手にとっている本です。



これは重宝します!(弁当作りに) 2007-01-12
 やはり弁当は手製に限ります。
 お弁当に合うメニューを考えるのは意外と大変です(簡単そうで難しい)。暑い季節などは悪くならないよう心掛けないといけないし・・・でもこの本を読めば、弁当にはどんな食事を作ればいいのか分かる。また、何故それが良いのかといった理由も書いてあるから納得できます。普通の食事に留まらず,弁当の作り方に焦点を合わせてあるから,特に、弁当作りに本気になりたい人にお勧めの本です。しかも今巷で話題のマクロビオティックにも通じていますから、そんなにヘンなメニューにもならないはずです。とにかく初心者には打って付け。書いてあるとおりに先ず順番に作ってください。知らず知らずのうちに弁当つくりが上手くなりますよ。

まず、お弁当箱を買わなくては。 2005-04-10
 普段、お弁当を作る習慣はなく、お弁当を作れるようになりたいなあと思いこの本を買った。この本にのってるお弁当箱は、どれも高級そうで、それが、お弁当を美味しく見せている。お弁当を作るには、高級なお弁当箱が必要だと思った。
 結局、お弁当を作る習慣はいまだにないが、普通の料理を作るときにも参考になる。冷凍素材の活用法とか、簡単な汁物、常備菜の作り方などがそれである。

最後にたどりついた最高のお弁当本 2004-03-19
毎日お弁当を作っています。料理は好きだし、おいしいと言って
もらえてるし、野菜や豆など色んな種類のものもバランスよく入
れている・・だけど、なぜか自信がどこかなくて、これでいいの
か、と思っていました。そんなときに、気になっていた「粗食」
シリーズのこの本を手に入れて、「これだ!」と夢中になりまし
た。
市販のお弁当本はどうしてもすぐに出来るメニューが多いですよ
ね。朝の忙しい時間に慌しく作るのだから、そうなるのも仕方な
いけれど、そうすると、濃い味付け、「炒める、揚げる、焼く」
などになってしまいます。濃い味は満足にはつながるものの、そ
れが私にはこれでよいのか?と不安でした。
でも、この本では、基本的に薄味で、素材を生かした料理法です。
ご飯も玄米や雑穀で、日本の伝統的な味付け、料理がもりだくさ
んです。これなら、毎日食べても安心です。こんな本が欲しかっ
たんだ!と嬉しくなりました
装丁も紙質はいいけれど、すこしセピアがかって、なんとなくな
つかしい感じ。気に入っています。ついつい、全5巻の「粗食」
シリーズも購入してしまいました・・・

作ります 2003-01-11
たとえ夜の寝る時間を早くしなければならないにしても朝早く起きて弁当を作り、昼にそれを食べる喜びを知ったら生活のリズムは戻せない。それくらいのインパクトがある。そして生活に満足感がある。やはり食のナショナリズムだ。私は歓迎している。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2009/9/5に作成しました。
いつもご愛読ありがとうございます

お米関連本の探索

探索条件からキーワード指定で
お好きに探せます。
リンク
フリーエリア

簡単相互リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: